生き急ぐ人パート3

マッスルラボ大森の大森友紀です。

こんばんわ。
10/9(金)22:54
 ひざ掛けを足の上に置き、ブログを書き始めるところです。
 先程迄、パーソナルを受けられた方が食事のとり方について質問されたので、食品のたんぱく質や脂肪の含有量や1日の必要量などを説明していました。
 今日は健康診断があったようですが、体脂肪率が書かれていた紙は忘れてきたようなので、厳密なカロリー計算等は次回に持ち越しです。
 ダイエットへの意気込みは半端ではないようです。
 午前中にパーソナルを行っていると、ラインで「今日退院しましたので、16:00~パーソナルお願いします」と連絡が入った。
 今回は、全身麻酔をして手術をして1週間入院していたようだ。
 「手術後の3日間は、管を鼻から通して息をしていて、何も食べられずに、死ぬほど辛かったです」と言われていた。
 少し、心配なので、「今日退院してきて、今からトレーニングをやれるのか?」と聞くと、「はい、やります」と前回の手術後と同じ回答を得た。
 もう、私が何を言ったところで通用しないので、いらないことは言わないほうがいい。
 「体重計ありますか?」と言い、体重を測ると1週間前から2kg痩せていて、「やったー」と絶叫していた。
 「1週間寝たきりで、めしも喰わずにいたので痩せただけどラッキーだな」と感心した。
 入院4日目くらいからは、寝たきりの状態で腹筋だけはやっていたようだ。
 「そしたら、トレーニングを始めるが、運動不足だと思うので足のトレーニングをやろう」と言い、レッグプレスから始めた。
 過去最強重量に5kg重い重量で限界までやってもらった。
 久しぶりのトレーニングに活き活きしているやふな印象を得た。
 大手術をして、3~4日前迄、死にかけていた?人間には到底思えない。
 私は入院したのは子供のころの2回だけなので、入院生活に興味があり、「どんな感じだった?」と聞くと、「毎日、夜中の1時ごろに廊下で、おばあさんが、助けてくれーと叫んでいて目が覚めました」とのことだった。
 同部屋の他の人も驚いて起きていたのかと聞くと、「みんな寝ていましたよ」とのことなので、毎回、決まったルーテインをこなしているだけなのかもしれない。
 場所が違えば、いろいろな経験ができると思ふので、いい経験が出来たんじゃないかと思う。
  マッスルラボ大森 
 

ブログ画像

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。