古代ギリシャとヨーグルト

マッスルラボ大森の大森友紀です。

 今日はジムでヨーグルトの話が出た。

 「体脂肪を落として引き締まりたい」といふ方が多いので、カロリー過多に注意しながら、タンパク質の必要量を摂取するように気を付けられている。

 自然食からバランスよく栄養を取るのがいいと思うが、みなさん忙しく仕事をされている方も多いので、栄養補助食品やたんぱく質含有率の高い手軽に摂れる商品を利用されている方も多い。

 私も朝はいつもコンビニのスナックパンやヨーグルト等で手軽に済ませている。
 2週間ほど前にいつも買っている長方形の容器に入っているヨーグルトがなかったので、丸っこい容器のヨーグルトを初めて買って食べると旨かった。
 それからは、そのヨーグルトを食べている。
 ジムで話すと「それは、ギリシャヨーグルトですよ」と教えてくれた。
 ネットで調べると、人気なヨーグルトのようだった。

 昼間、パーソナルに来られた方にも話をすると、「そんなヨーグルトは食べたことがないわ」「私の冷蔵庫はハーゲンダッツがいっぱい入っている。昨日も、締めのラーメンを食べました」と言われていた。
 「それは、ダイエットを逆行しているじゃないか」と小言を言ふと、「怒られた」と言われていた。

 少し前までは、「ヨーグルトなどは腹の足しになればいいか」といふくらいにしか思っていなかったので、ギリシャヨーグルトの旨さに舌を巻いた。

 今まで食べたことがなかった味がした。

 古代ギリシャの彫刻を見ると、紀元前の彫刻であるが、今のボデイビルのチャンピオンよりも凄い筋肉をしていると思うので、その当時からたんぱく質の重要性や旨い調理方法などを研究して、今よりも進んでいたのかもしれない。
 字がないので、分からないが。(当時の本などは残っていないだろう)
 哲学者も紀元前の有名な哲学者の考え方を現代人も参考にしているので、今の方が紀元前よりも進んでいるとは一概には言えない。
 ただ、紀元前のことを詳しく知らないだけなのかもしれない。
 ヨーグルトから古代ギリシャに想いを馳せてしまったが、ヨーグルトの味にしても哲学や筋肉にしても当時の人類は究極を求めていたのかもしれない。

          パーソナルトレーニング専門ジム
             マッスルラボ大森
               大森友紀
 




ブログ画像

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。