激動の1日

マッスルラボ大森の大森友紀です。

こんばんわ。
7/27(月)
今日も朝一番からパーソナルの予約が入っていたので、8時過ぎにジムに来た。
2日ほど前に、ジムのホームページのスタイルが飽きてきたので、紫色を中心にしたものに変更した。
予約状況のパスワードなどに不具合がある会員さんはご連絡ください。
ジムのオープン日や自分の誕生日(7/25)を完全に忘れていて、2日前まで、自分の年齢を1歳勘違いして生きてきたので、ホームページのオーナーのページに記載しました。
これで、忘れないと思いますので、一安心です。
午後からは、体調を崩されていた会員さんがジムに寄ってくれて話をすると、「もう、体調も良くなりました」とのことだったので良かった。
冷えたお茶を出そうとすると、茶色い飲み物を持ってきておられたので、「プロテインですか?」と聞くと
「カフェラテです」といふ回答を得た。
その後は、アイスとケーキの中間物のやふなものを食べられていた。
体力は回復したかもしれないが、筋肉作りには疑問の残る光景を見たような感じがした。
夜のパーソナルも終わったので、近くのドラッグストアへドリップコーヒーの特用袋を買いに行った。
会員さんから電話で、「今から行きます」とのことだった。
夜の9時過ぎに元気な二人組が来て、足や腹のトレーニングをして帰って行った。
毎月1kgずつ体重が減っているとのことなので、顔が小さく引き締まっていた。
しかし、ジムへ来る次回の日がかなり開き過ぎる傾向にあるので、自分に厳しくしてもらいたい。
「情けは人のためならず」といふように甘やかされたら、弱いまま生きていくことになり、自分でなかなか変われないので、日ごろから、甘やかされた方は弱い人間になることを考えると、変なやさしさは人のためにならないといふことだ。
ジムに行きたくないと思っても、自分自身に対して鬼になってもらいたい。
今日は物凄くいい一日だった。
      パーソナルトレーニング専門ジム
         マッスルラボ大森
           大森友紀

ブログ画像

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。