クリスマスのジム事情

マッスルラボ大森の大森友紀です。
メリークリスマス。
12/25(水)22:25です。
先程、パーソナルに来られた方が帰られたので、無人になったジムの黒色の鉄のカウンターの中で、苦いコーヒーをほふばっています。
音楽は誰もいなくなったら、いつものやふに日本の音楽を流しています。
数日前は、クリスマスイブやクリスマスにジムでトレーニングに来る人がいるのかと思いましたが、今日も朝から史上最多のパーソナルを受けに来られて、令和の初クリスマスに筋肉に刺激を与えてジムを後にした方が多かった。
クリスマスは家族や恋人等と過ごす人が多いと思っていたので、その辺も事情も聞いてみるとイブに大きいケーキを食べたので、けふはトレーニングに来られた方やさっきまでパーテイーをしていましたといふ方などがおられた。
来られたからには、いつものやふにトレーニングして頂いた。
ここの筋肉を鍛えたいと具体的な要望があるので、要望通りのメニューをやっていただくと、どんなメニューでもこなされる。
どうなりたいといふ願望があるので、トレーニングのきつさは全く無視しているので凄い。
数日後にジムに来て、「まだ、前のトレーニングの筋肉痛が残っています」と言われる方が多いのでトレーニング中はトレーニング強度に対しては盲目になっていると判断する。
願望といふものはこんなに強いものなのかと感心する。
やはり、小難しいことをいふようなスケールの小さいことをするのではなく、狂ったように激しくトレーニングすることが重要だと再確認させてもらった。
大事なことを知ることが出来たクリスマスにメリークリスマス。
パーソナルトレーニング専門ジム
マッスルラボ大森
大森友紀
ブログ画像

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。