解明された落とし物

マッスルラボ大森の大森友紀です。
こんばんわ。
12/18(水)23:00です。
ジム内は日本の音楽が流れています。
1980年代の音楽は今の音楽よりも歌詞に深みがあると感じながら聴いています。
昨日は、ジムスペースの不可解な落とし物が解明できた記念すべき1日となりました。
デップスの近くに黒色の四角い物が1年程前から落ちていました。
何人かから、「これ、落ちていますよ」と言われていてそのたびに、何が落ちているのか分からないので、何かが外れているのか探していましたが、何度探しても分からないので、そのままジムスペース内に1年近く放置していました。
また、昨日、ジムに来られてた方から言われたので、調べても分からず、放置を継続するより選択肢はないのでそうしていました。
そうするとその方が、いろいろ探して、デップスの所から落ちていたことが判明しました。
 
1年近くのどに刺さった骨が取れたような感動を覚えました。
観察力の鋭い方だと思い、丁重にお礼を言いました。
教訓
 1.落ちているものを発見した場合には場所を動かさない。
 2.探すのが面倒だと放置しない。
 3.他の人がジムに入って来た時の忘れ物で、ジムやマシンとは何の関わりもない物だと勝手に思い込まない。
 4.見て見ぬふりをしない。
 5.面倒くさい物の存在を忘れる癖をなくす。
1年間、放置され続けたジムの中央付近に落ちていた物も自分の定位置に昨日付けで無事設置された。
今回の件で新たな教訓を得ることが出来たので、今後の活動に生かしていきたいと思う。
スマホや財布を紛失する方も多いと思うので、何かの教訓となれば幸いです。
 

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。