エスカレーション

マッスルラボ大森の大森友紀です。
今日は、新栄祭りの腕相撲大会の関係者の方がジムに顔を出してくれた。
スーツ姿だったので、誰か分からなかったが、「新栄祭りで・・・」と言われたので、ピンときた。
その後も、近所の会社の方が見学に来られた。
電話でも女性から何件か問い合わせがあり、だんだん活気づいてきたようだ。
今日は時間差で、姉、妹がパーソナルに来たので、以前に「妹の意地」という題名でブログを書いた姉妹の番外編バトルが再燃した。
先に姉が来たので、「この前、マッスルベンチで妹さんは20回挙げれたので、(姉は15回)妹さんの方が強かったよ」といふと、今日のトレーニングで姉が21回挙げて逆転した。
夜、妹さんがパーソナルに来たので、「姉がマッスルベンチで21回挙げたので、抜かれたよ」といふと
妹は30回連続で挙げ、その次のセットでは、「2.5kg増やしてください」その重量でトレーニングした。
二人とも可愛らしい顔をしているのに、なんでそんなに姉妹の挙上重量や回数を言うとむきになるのか理解できない。
カウンセリングの時は二人とも「引き締まった綺麗な体になりたい」と言っていたのに、この様子では台無しになりそうだ。
このまま、姉妹が重量や回数で張り合い続ければ、最終的には超筋肉姉妹が誕生し、誰も近づかなくなる可能性すらある。
しかし、あのエスカレートぶりでは、私が口を挟もうものなら、どうなるか分かったものではない。
姉妹に何があったのかは詮索しないが、もうそろそろ、目標を思い出してもらわないと終いには取り返しのつかない程の筋肉を手に入れてしまうかもしれない。
私も姉妹を煽るような言動は控えたいとは思うが、本音で生きていきたいので難しいだろう。

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。