トレーニング熱の充満

マッスルラボ大森の大森友紀です。
こんばんわ。
10月3日(木)22:40です。
先程、トレーニングしてお一人帰られたので、一人ジムに残ってブログを書こうとしています。
激動の1日を締めくくるために、JAZZを聴きながら書いています。

午前中は某駅で下車し、肉や柿を購入して駅に向かっていたら、靴底20cmくらいの靴を履いた派手な身なりの女性から美容室のチラシをもらった。
私は生まれてから美容室には一度も行ったことがなく、先週は女性に「パーマ屋に行ったのですか?」と聞くと「今は誰もパーマ屋と言ってなくて美容室と言ってますよ」と教えて頂いた。
何の用でチラシをくれたのかと不審に思い見てみると、ヘッドマッサージや首周りのマッサージの割引券が付いていた。
変わった服装や靴を履いていた女性2人だったので、いろいろ話しているうちに、ジムにも興味を持ってくれ、20分後くらいには、パーソナルの予約を頂いた。
ジムでは風邪を拗らせて久しぶりに来た方や腰痛で50日休んで久しぶりに先週ジムでトレーニングした方が、「筋肉痛が少ないので不安です」と言ったり、最後に来た女性は初めてタンクトップで来ていつもより気合が入り、前回の重量で回数を大幅に増やしたり、それぞれ、みんな楽しそうに笑いながら元気にトレーニングされている。
だいぶ涼しくなって冷房も5個とも付けているのに、トレーニングされている方の近くに行くと私はトレーニングしていないのに、暑くて汗が出てしまう。
このままでは、当分はエアコンの冷房のお世話になるしかなさそうだ。

地球温暖化に加担していないことを祈るばかりだ。

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。