体重100kg超の悶絶男

 9月14日(土)は起きて、テレビを付けるといつものやふにあおり運転のニュースが流れていた。

 急いでジムに向かい、大判焼きを2個買って、冷蔵庫の中の冷えた水といっしょにほふばった。

 13:00にパーソナルを受ける方が来ないので、ラインを見ると「自転車の空気を入れてからくるので遅れます」とのことだった。

 足、背中、上腕二頭筋のトレーニングが終了すると、腹筋はいつもと違う刺激を味わってもらおうと、腹筋ローラー?をしてもらった。

 膝を付いて頑張ってされていたが、「膝を付かなかったら絶対できません」といふ声に触発され、約1年ぶりに見本をみせやふとローラーで膝を付かずにジーンズを履いたまま、一直線に万歳する格好まで行って立ち上がったが、胸やわき腹などが異常な息苦しさを感じ、死にそうな程、約30秒間だけ苦しんだ。

 上半身全身が攣りそうな感覚だった。

 原因として考えられるのは、①体重が100kgを超えていること、②昨夜、胸のトレーニングをしたので、筋肉が回復していないので、変な力を入れてしまったこと、③口車に乗ってしまったこと、④軽くできると油断したこと。(前回は何回も軽くできた)

 パーソナルを受けている人の前で苦しそうな顔を見せると、信用を無くすので、後ろを向いて静かに悶絶した。

 「死ぬかと思ったよ」といふと笑われてしまった。

 体重100kg超えている人は、悶絶しないやふ、腹筋ローラーには距離をおきましょう。

此上さんがお孫さんといっしょにジムに来られました。(4/30ブログ)

マシンは軽い重量に設定すれば小学生の女の子でも安全に使用できるマシンばかりです。